トップページへ戻る 活動カレンダーを表示 教室や交流大会の結果を表示 会員の説明と加入について 関連サイトへジャンプ


 ☆ ご挨拶

 私たち「アプロス菊川」総務委員会は,一人でも多くの菊川市民の皆様にスポーツが心身の健康に役立つことをお伝えし, 「一市民,一スポーツ」を推進していきたいと考えております。

 更に,菊川市が日本一スポーツの盛んな市になるよう,市のスポーツ環境を整えていきたいと考えています。そのために, より多くの市民の皆様に「アプロス菊川」の活動に賛同していただき,会員を増やすことで行政などにも働きかけ,菊川市 の運動施設を充実させ,誰もがいつでもどこでもスポーツが楽しめるようにしたいと考えております。

 皆様方のご意見を参考に,より良い総合型地域スポーツクラブに育てていきたいと考えております。ご理解とご協力を宜しく お願い申し上げます。

                              「アプロス菊川」総務委員  本田高一


 ☆ 「アプロス菊川」は菊川市の総合型スポーツクラブです。

 「アプロス菊川」は菊川市の総合型スポーツクラブです。総合型スポーツクラブとは,多世代の市民が健康づくりから競技力向上まで, 個々により幅広い目的を持って参加する生涯スポーツクラブです。アプロス菊川は市の支援を受け、平成21年から2年間の設立準備期間を経て 平成23年の4月に設立され、本事業が開始されました。

 「アプロス菊川」には,これからスポーツを始めたい人や,健康づくり,健康維持を目的とした人のための「健康スポーツ」と ,トップアスリートを目指したい人のための「競技スポーツ」があります。現在「健康スポーツ」では,「健康体操」と「ウォー キング」が活動を開始,又は予定しています。「競技スポーツ」では,「陸上競技(スプリント)(エキデン)」が活動を開始, 「硬式野球」が活動を予定しています。更に,教室以外にも数多くのイベントを企画しています。詳しくはトップページの各バナー からお入り下さい。


 ☆ 「アプロス菊川」が目指すところは。

@ 医療費の削減!「ぴんぴん・ころり」の精神で。

 日本全体のみならず、菊川市も今後更に、少子高齢化が更に進みます。寝たきり老人が増え続け若者や子供たちが減っていけば、菊川市の予算は医療費で パンクしてしまいます。菊川市に若者や子供たちを呼び、お年寄りに健康になってもらうためにはスポーツの力を借りることが重要です。スポーツは 行う人も、応援する人も、みんなを元気にしてくれます。1999年に行われた 第3回体育・ス. ポーツ担当大臣等国際会議でのブンタ・デル・エステ宣言 によりますと、身体的活動にかける1ドルは3.2ドルの医療費削減につながると、世界的レベルの調査による結果が出ています。 子供たちに負の遺産を残してはいけません。今こそ大人たちが真剣に医療費の削減を考えるべきだと思います。それらのことを全市民に分かっていただけたらと考えています。

A 菊川市に家族全員が楽しめる健全なスポーツ環境を・・・。

 
 上の@を実現するためには先ず、環境を整えることが重要課題です。菊川市の今の現状は、少ないスポーツ施設を市民たちが、お互いに取り合っている のが現状です。菊川市に400mコースのメインスタジアム,野球場,テニスコート,体育館,水泳場,菊川病院などの医療機関と直結したトレーニングセンターを備え。 更に、市民が憩いのひと時を過ごすことのできる緑豊かな公園のある総合運動公園ができれば、今よりもっとスポーツをする人が増えると思います。 子どもたちにそんな素敵な財産を残そうではありませんか。それは夢ではありません。ちょっとした予算の使い道を考えれば実現できることです。 長い目で見ればそれが菊川市の財政を救う道につながるのです。そのことを多くの市民に知ってもらい、実現したいと考えています。

inserted by FC2 system